ポジティブ変換

ご近所様の美しい紫陽花です。
毎年綺麗に咲かせていてお見事です。

紫陽花の種類も昔と比べて増えましたねぇ。

雨が似合いそうです。

六月となると、梅雨、紫陽花、梅、カビ、食中毒に注意、なんかが思い浮かびます(笑)
先日、梅酒の仕込みや梅の蜜煮作りをしたのですが、蜜煮の方がイマイチうまくいきませんでした。

それを踏まえて、来年は頑張ろうと話をしていたところ…

「最初の梅選びから間違えてて、青くて固ーい梅で、小さめの実が適していたらしいんですよねぇ」
「そうなの?大きい方が食べ応えあっていいじゃない」

「黄色い梅だと、なんか梅っぽくなくなってしまって」
「え?黄色くて綺麗だし、桃みたいで美味しかったけど」

「来年は、皮が破裂しないようにまん丸なままで仕上げたいんですよねぇ」
「えー?潰しながら食べるんでしょ?だったら最初から潰れてた方がいいじゃない?食べやすいし」

「…そ、そうかな。そうかも!」

すごいですね、全てポジティブ変換してもらいました。

物事って本当に受け取り方次第です。