【龍神雲】龍神様、現る。三峯神社へ

こんにちは、タロット占い師の未來良です。

皆さんは、竜のかたちをした雲、

龍神雲(竜神雲)をご覧になったことはありますか?

私は、先日はっきりとした龍神雲を目にすることができ、

それが三峯神社に向かう途中だったもので、

これはきちんと記事にしておこうと思い書くことにしました。

※動画はこのページの一番下にあります。




三峯神社はこの夏に初めて御挨拶に伺ったのですが、

奥宮までの軽登山の経験が素晴らしく楽しく

また道中も含めて大変歓迎いただいたことがうれしく

再訪させていただくことにしたのでした。

※透かしは転載・二次利用の防止のためです。ご了承ください。




今回は表参道から御本殿まで登ろうということになり、

まったく登山経験のない私は、2000m級の登山もこなしてしまう友人ご夫妻の

お力添えをいただくことになりました。

快晴で上天気。気温もさほど低くなく、バス乗り場に並んでいる時から

わくわくして心が弾みます。

ふと、

空を見上げると、

薄い雲がたなびいており、目が離せなくなってしまいました。

(ああ・・・神様がいらっしゃっている。この空にいらっしゃっているんだなあ・・・)

と感じ、自然と頬が緩むのを感じました。

その時撮影した写真が上記の写真ですが、後から見るとちょっと鳥肌が立ちました。



空を眺めながらバスの到着を待ち、いよいよバスに乗って表参道の入り口まで向かいます。


たまたま窓際の席に座ることになり、のどかな風景を何とはなく眺めていたところ


ん?

あれ?

ちょ、ちょっと・・・!あの雲は!?


一筋の美しい雲の流れに目を奪われました。




一筋の美しい雲が・・・!



流れるように、ゆっくりと、ゆっくりと、上昇していく雲。


その形がまるで天に登る龍のように見えるではありませんか!

まさに昇竜



呆然として、


ただただ車窓から見えるその雲を見つめていました。


(今、自分の目に写っているこの風景と、この心の中の温かさはなんなのだろう・・・)


バスはどんどん山を登っていき、


開かれた窓からは冷たく刺すような風が眉間にあたりますが、


目の前の光景に目を見張るばかりでした。




やがて、山深い道となり、周りの木々に遮られて空が見えなくなるまで


ずっとその龍のような雲の姿を見つめていました。


次に空が開けた時、


今度はまた晴れがましい光景が広がっていました。




この時の私の率直な感想は


ああ、龍神様たちがたくさん遊んでいらっしゃる・・・

他にもたくさんいらっしゃる、すごく楽しそうに舞っていらっしゃる・・・


でした。


私は霊能者でも特殊能力保持者でもないので

もっと詳しく分かる方はいらっしゃるのでしょうが、

今の時点で理解できたのはここまででした。




そして、表参道から三峯神社御本殿を目指します。

登竜橋を渡ります。
終わりかけとはいえ、見事な紅葉です。
神々しい光の中を登って行きます。
清浄の滝、優しい雰囲気の滝でした。
自然のグラデーションを堪能しながら。
なかなか厳しい山道でしたが、美しい光景に励ましを受けて何とか登り切れました。





御本殿に参拝したあと、前回御挨拶できずじまいだった

御仮屋に向かいます。

今回はどうしてもこちらに来たかったのです。

遠宮(御仮屋)
ご眷属様の凛々しいお姿
冬日に照らされてカッコイイ!と思わず叫びました(心中で)



無事、御仮屋にて御挨拶させていただき、


ほっと一安心できました。


今回の表参道からのご参拝は、私一人では到底無理だったかと思います。

標高差700mとはいえ、

まったく登山経験がない私にアドバイスいただき、

必要な装備を私の分まで担いで登ってくださった友人ご夫妻・・・。


休憩中に行動食でおもてなししてくださったお心遣いに感謝の言葉が尽きません。



本当にありがとうございました。



御神木からもパワーをいただき


またまた太鼓の音で歓迎していただき


神様の御加護と友人の心からの温かい優しさに


ひたすら感謝する一日となりました。



この日の龍神雲の様子を占い動画と一緒にまとめて配信することにいたしました。


よかったらご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=bcbn3nJw-r0
【龍神雲】龍神様からのメッセージと龍神カードからの開運🔮アドバイス(6択)|mikura tarot

■ タイムスケジュール ■
 未來良からの御挨拶…00:01
 龍神雲と龍神様からのメッセージ…03:07
 
 🔮占い『開運のアドバイス』…05:55
 選択肢紹介…07:49
 A…08:12
 B…12:20
 C…16:12
 D…19:57
 E…23:53
 F…27:14