自然からのチカラ

さぬきひめ、という名前の苺の存在を知ってから早数年…

さぬきというだけあって、香川県を中心に栽培されている品種のようです。

甘さと酸味が程よく、香り高い苺です。

やっと関東でもチラホラ見かけるようになりました。
果肉が柔らかい品種だそうで、遠くへ流通させるには一苦労なんだそうです。
熟れていない固い状態で出荷しては美味しくないですし、あまり熟れた状態だと輸送中に傷んでしまうからですね。

ご苦労様です。

新鮮な果物を食べると、身体の中がスッキリします。

甘み、酸味、旨み…豊かな香り、瑞々しい艶、透明感のある自然の色。

いろんなものが身体に浸透していくようです。

こうして、他の命をいただきながら、自分の身体に生命力を蓄えていっているんだなぁ…としみじみ感じます。

病に負けない身体づくり。

病も自然のチカラ。
病と闘うのもまた、自然のチカラ。

いただきます。感謝。